ごあいさつ

HOME > ごあいさつ

理念

沖健康クリニック 所長 沖 島助
昭和17年
広島に生まれる
昭和44年
大阪大学医学部卒業
医籍208193号に登録
昭和47年
聖隷三方原病院外科勤務
昭和50年
沖縄県立宮古病院勤務
聖隷三方原病院外科勤務
昭和58年
聖隷三方原病院副院長就任
昭和62年
聖隷予防検診センター長就任
平成6年
浜松商工会議所健康相談室
沖健康クリニック開設

「身体とこころの健康は、自分で守り、自分で創る」- この方向性を積極的、かつ創造的に支援します。

所長あいさつ

沖健康クリニックも、今年で創設20年を迎えることになりました。

この間、好不況の波にかかわらず、一人一人の健康資本を大切に守ることを医療命題とし、常により質の高い健康診断を、迅速かつ、より適正な価格で提供できるように頑張ってまいりました。

組織的にも平成23年度から「医療法人社団さわやか会」を発足させ、また、健診内容にもヘリカルCT機器に加え、高精度体成分分析装置、全自動分析装置、各種オプション検査などを導入し、体制強化とともに、 健診精度向上のために努力してまいりました。

今日ほど、予防医療の役割が大きな課題になっていることは論を持ちません。

この要請を受け、当クリニックでは新健診システムを構築し、今春より稼動させてまいります。
特に、ストレスを主とするメンタルヘルスは今後最も大事な健診テーマとなります。

当クリニックでは、「身体」の健診とともに、「心」の健診に向けて、新たなセルフケアを目指した総合保健情報システムを導入し、社会的健康感(人間としての生き方の問題)という大命題に向かって努力をしてまいります。

今後とも、皆様の健康の保持、病気予防のための努力を職員一同、肝に銘じて頑張ってまいりますので、よろしくお願い申し上げます。